お知らせ 【重要なお知らせ】iOSアプリの運用および提供を2024年6月3日(月)を以て終了いたします。詳細は お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jul

27

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏

Organizing : nakanoshima.dev 運営

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏
Hashtag :#nakanoshima_dev
Registration info

オンライン参加枠

Free

FCFS
24/100

Attendees
Masaru
aws-nobe
kinneko
r3yamauchi
dicek88
RyujiHasegawa
syuichi_tsuji
kato
WinterYukky
SakaeShinya
View Attendee List
Start Date
2022/07/27(Wed) 18:00 ~ 21:00
Registration Period

2022/07/12(Tue) 17:59 〜
2022/07/27(Wed) 21:00まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

開催日時

2022/7/27(水)
 18:00 受付
 18:30 開始

場所

オンライン
オンラインでの開催ですので開催前日に参加者宛に参加用URLをお送りします。

イベントについて

「nakanoshima.dev」とは、AWSを含めたクラウド技術や様々なテクノロジーに触れていただき、関西圏のエンジニアにとっての学びの場として開催している勉強会です。
セミナー、ハンズオン形式を交えてさまざまなイベントを定期的に開催を予定しています。
IT企業で働く社会人から興味がある学生まで参加・発信しあう事で関西を盛り上げていきたいと考えています。

今回のテーマ

今回のnakanoshima.devでは、「AWS SDK」をテーマに開催します!

AWS SDKはAWSを利用すればするほど必要となってくるツールです。
その対応言語は年々増え続け、直近ですとSwift, Kotlin, Rustといった言語もPreviewとして新たに追加されています。
あらゆる言語でAWSを容易に扱えるAWS SDKですが漫然と利用している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はAWS SDKの表と裏を基本から応用まで改めて学んでみようと思います。
AWS SDKを触っているけれどいまいち理解できないないと感じる方や、AWS SDKを普段からお使いの方に、これを機にAWS SDKを見つめ直してみませんか?

※今回はAWS SDKをすでに触れたことのある方向けのコンテンツを多めに開催予定となります。

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
18:00 - 18:30 受付/Chimeへ参加
18:30 - 18:35 「nakanoshima.dev について」 丁 亜峰
(nakanoshima.dev 運営)
18:35 - 19:05 始めようAWS SDK for python 長谷 有沙
(Amazon Web Services Japan)
19:05 - 19:35 あらためて、 Java 環境でのAWS SDK入門 ポール @bulbulpaul
(Amazon Web Services Japan)
19:45 - 20:15 AWS SDKの裏側の動作を見てみよう! 王 力捷
(Amazon Web Services Japan)
20:15 - 20:45 SmithyでSDKコード生成していく的なおはなし 光吉 隆雄
(Amazon Web Services Japan)
20:45 - 20:50 「クロージング」 丁 亜峰
(nakanoshima.dev 運営)

※進行上、終了時間が多少前後することがあります。
※注意:登壇者による発表内容はアマゾン ウェブ サービス ジャパンとして主催しているものではなく、コミュニティ活動の一環として勉強会の主催を行っているものです。

登壇者情報

スピーカー:長谷 有沙 (Amazon Web Services Japan)

Title 始めようAWS SDK for python
Overview コンソール中心にAWSを利用していて、SDKも気になるけどとっつきにくいかも...という方向けSDKとは何かからご説明します!
Profile Amazon Web Services Japan / Solution Architect

スピーカー:ポール: @bulbulpaul (Amazon Web Services Japan)

Title あらためて、 Java 環境でのAWS SDK入門
Overview 改めてJava SDK v2の扱い方やフレームワーク利用時の使い方等について話します。
Profile Amazon Web Services Japan / Solution Architect

スピーカー:王 力捷 (Amazon Web Services Japan)

Title AWS SDKの裏側の動作を見てみよう!
Overview 普段何気なく利用しているAWS SDKの裏側の動作にDive deepしてみませんか? AWS SDK for Go (v1) を題材に、利用時のTipsなども交えながらSDKの裏側の動作をご紹介します。
Profile Amazon Web Services Japan / Solution Architect

スピーカー:光吉 隆雄 (Amazon Web Services Japan)

Title SmithyでSDKコード生成していく的なおはなし
Overview AWSが発表したインターフェース定義言語(IDL)であるSmithyですが、そもそもSmithyとは何者なのか、AWSの中で何をしている言語なのかイマイチ知らされていません。しかし最近ではSmithyはAWS SDKの定義言語として、特に新しく作成されているAWS SDKについては積極的に取り入れられています。なかなか見ることのできないSmithyについてちょっと覗いてみましょう。
Profile Amazon Web Services Japan / Solution Architect

参加費

無料

キャンセルポリシー

・予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、参加のキャンセルをお願い致します。

注意事項

・セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。

ご質問・ご相談

本イベントに関するご質問等はconnpassページの「イベントへのお問い合わせ」までお願いします。

発表者

Feed

elecho1_t

elecho1_tさんが資料をアップしました。

07/28/2022 13:39

owaranai_dobby

owaranai_dobbyさんが資料をアップしました。

07/27/2022 22:21

bulbulpaul

bulbulpaulさんが資料をアップしました。

07/27/2022 22:11

owaranai_dobby

owaranai_dobby published nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏.

07/12/2022 17:59

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 を公開しました!

Group

nakanoshima.dev

Number of events 35

Members 662

Ended

2022/07/27(Wed)

18:00
21:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/07/12(Tue) 17:59 〜
2022/07/27(Wed) 21:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(24)

Masaru

Masaru

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

aws-nobe

aws-nobe

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

kinneko

kinneko

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

r3yamauchi

r3yamauchi

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

dicek88

dicek88

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

RyujiHasegawa

RyujiHasegawa

I joined nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏!

syuichi_tsuji

syuichi_tsuji

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

kato

kato

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

WinterYukky

WinterYukky

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏 に参加を申し込みました!

SakaeShinya

SakaeShinya

nakanoshima.dev #28 改めて学ぶAWS SDKの表と裏に参加を申し込みました!

Attendees (24)

Canceled (1)